静脈瘤は、ただの静脈の拡張でも、足のむくみではありません。すべて疾患の表面上の症状でしかありません。実際に静脈瘤は、血管壁の肥厚および狭窄、静脈圧の上昇を指します。静脈は弾力を失い、血栓や結節を形成し、青く網目状に広がって見えるようになります。

静脈瘤の原因

最初の症状は30〜40歳で現れます。静脈瘤は女性に一般的です。統計によると、三人に一人の女性が症状に苦しんでいます。主な原因は、座りっぱなしの生活様式、または逆に、過度の身体活動のためです。また、過度の食事量や、遺伝的素因も原因です。ほとんどの場合、静脈瘤は妊娠中に起こり、体重が増加します。

静脈瘤の治療

病気が治療されないまま放置されると、その結果は悲惨なものになります。ミニスカートやショートパンツを着用することができないばかりでなく、命に直接的な危険をもたらします。静脈瘤は血餅の形成につながり、血液の循環を妨げる可能性があります。

Varikosette 日本 使い方 購入

静脈瘤の治療には多くの方法があります。最も一般的な方法は下記のとおりです。

  • 外科的処置 – 影響を受けた静脈を除去する手術です。もちろん、この方法は最も根本的な治療法で、進行が重度の段階で使用されます。
  • 民俗療法 – 様々なすばらしい人気のレシピがあります。圧縮したキャベツの葉や、すりおろしたナツメグ、セイヨウトチノキの自家製軟膏を患部に塗布します。これらの救済策は、血液循環の過程を刺激すると信じられています。しかし、医師は自己投薬を勧めず、静脈瘤の最初の徴候で専門医に相談するよう、すすめています。
  • 投薬、クリーム、軟膏、医薬品は、静脈瘤の最も一般的で負担の少ない治療法です。予防や、足の疲れ、浮腫、血管の浮きなど、静脈瘤の最初の徴候があった時に使用することができます。これらの薬は、血液循環を改善し、痛みや疲労を和らげ、かゆみを抑えるのに役立ちます。

静脈瘤治療のためのVarikosette

よく確立された治療法の一つとして、Varikosetteクリームは静脈瘤の認定治療薬です。このクリームは、静脈瘤の予防に最適な生薬の成分で構成され、持続的な効果があります。

クリームは7つの主要な植物成分が含まれています。Varikosette 日本 使い方 購入 レビュー コメント。

  • トロキセルチン(主な有効成分)は、多くの静脈瘤用の軟膏やクリームにも使われています。トロキセルチンは血管を強化し、腫れや炎症を軽減し、皮膚を強化し、引き締めます。
  • セイヨウトチノキの種子は、足のむくみや疲れを和らげます。
  • アルカロイドとフラボノイドの含有量が高いイチョウ葉にも、抗浮腫効果と抗炎症効果があります。
  • アメリカマンサクには、血管を収縮させて静脈の弾性を高めるタンニンが含まれています。
  • ヒマワリ油とトウモロコシ油は、疲れた足の肌を柔らかくして潤いを与えます。
  • メンソールは足に涼感を与えます。
  • 尿素は他のすべての成分と相互に作用します。

Varikosetteクリームの効果

Varikosetteは植物療法です。顕著な効果を持ち、医師に処方された他の薬と相互に作用することができます。

わずか数日で血液の循環が正常になり、血餅が消散し始めるでしょう。研究では、クリームを長期間続けて使用すると、血圧の正常化にも役立つことが明らかになっています。

また美容効果もあります。足の肌密度が向上し、もう重さやむくみに悩まされることはありません。クリームの天然成分のおかげで、多くの女性が肌の炎症、吹き出物、さらにはセルライトから解放されました。

varikosette 日本

Varikosetteの使い方

ご自宅での使用に適しており、特別なスキルは必要ありません。 Varikosetteは下から上に向かって、軽いマッサージをしながら、濡れていない清潔な肌に塗布してください。クリームは一日3回塗布することができます。服が汚れる必要はありません。クリームはすぐに吸収されて、べたついたり、跡が残ったりすることもありません。

すぐに痛みが消え、血管が目立たなくなっていることに気づくでしょう。

LEAVE A REPLY