多くの女性にとって、髪は外見の大きな部分を占めています。そのため、脱毛は大きな問題になります。

その正体は?:休止期脱毛とも言えるこのタイプの脱毛は、ホルモンバランスの乱れ(甲状腺関連の障害など)または心的外傷(手術または劇的な体重減少など)のいずれかによって引き起こされます。

どちらの原因でも、エストロゲンやプロゲステロンなどの育毛促進ホルモンが低下し、アンドロゲンやテストステロンなどの脱毛促進ホルモンが増加します。つまり、スイッチが切り替わり、突然毛髪が休止期になってしまう状態を指します。これは最大7ヶ月間続くことがあり、その間に影響を受けた部分では、新たに毛髪が成長することがありません。

どのように見えるのか?:頭皮全体の髪が薄くなるので、ポニーテールを結んだだけでも気づくかもしれません。

何が役に立つのか?十分な運動、瞑想、そして健康的な習慣が最良の治療法です。毛包は本来の成長周期に戻ることができます(規則はありませんが、7ヶ月から3ヶ月に半減させることができます)。

さらに、心的外傷が原因ではなく、身体上に問題がある場合、医師はプロゲステロンや経口避妊薬のようなホルモン調節薬を処方して、根本的な問題を解決しようとするかもしれません。

LEAVE A REPLY