閉経期の4〜10年の移行期である閉経周辺期は、早ければ30歳から始まる可能性があります。若い女性の多くは、可能性を理解しておらず、医師もこの年齢グループには、必ずしも症状を認知していません。生理不順とは別に、生理が来ない場合は以下の兆候があります。閉経周辺期の可能性:恋愛がうまくいかない。ホルモンの変化により、性欲が減退する。

閉経周辺期の対象外:怒りやすくなったり、特定の薬(血圧の薬、抗うつ薬)を服用したりと、問題を抱えている。

閉経周辺期の可能性:ホットフラッシュを感じる。発汗と激しい動悸をともなう、突然の強いのぼせやほてりを感じる。

閉経周辺期の対象外:生理の前後に発症するか、抗うつ薬を飲んでいる。閉経周辺期の可能性:睡眠不足の理由がわからず、しばしば夜間の発汗を伴う。

閉経周辺期の対象外:ストレスにさらされているか、通常生理の前の週に不眠になる。

閉経周辺期の可能性:食事やフィットネスの習慣を変えていない。エストロゲンの減少は、体脂肪の増加(生理期間中は最大15ポンド)につながることがある。

閉経周辺期の対象外:ジムをサボっているか、抗ヒスタミン薬や精神安定薬などの薬を飲み始めている。

LEAVE A REPLY