原因:ホルモンバランスの乱れ

生理前に、多くの女性があごのにきびに悩むのには理由があります。あごの部分はプロゲステロンとテストステロンの上昇に特に敏感です。軽度のにきびであれば、経験された方も多いですが、にきびがより重症か痛みを伴い、OTC医薬品が適応しない場合は、産婦人科に診察しに行くことをおすすめします。

あごやあご周りにできた深部の嚢胞性ざ瘡は、多発性嚢胞卵巣症候群(PCOS)や他のタイプのホルモン異常の兆候となります。治療しないまま放置すると、糖尿病や不妊症のリスクが高まることがあります。

健康になる:特定の患者にとっては、経口避妊薬の使用は、ホルモンバランスを取り戻し、肌をきれいにする効果的な方法です。 (ピルはPCOSの症状を治療するのにも非常に効果的です。)非ホルモン療法を希望する場合は、スピロノラクトンについて医師に相談してください。テストステロンの受容体を遮断する処方薬で、皮脂腺の働きが活性化するのを防ぎます。にきびの原因となる余分なインスリンがホルモンの生成を刺激するので、デザートを食べないことも手助けになります。

一部の研究では、加工糖の摂取をやめ、穀物、果物、野菜を摂ることにこだわることで、にきびにつながる可能性のあるホルモン刺激を緩和する可能性があることも示しています。

LEAVE A REPLY