動物実験にて立証されていますが、食事にオメガ3が不足している場合、松果腺の自然なリズムが乱れ、睡眠ホルモンである、メラトニンの生成に影響をおよぼします。オメガ3が不足する動物は、通常の睡眠時間に眠ることができません。不眠症の人と同じように、ゲージの回し車の中で走り続けています。

一方、オメガ3が豊富な食事は、心臓の健康を増進させ、認知症のリスクを低下させ、気分力を向上することができます。減量に関しては、多くのオメガ3には、タンパク質が豊富です。数多くの研究では、タンパク質は満腹感を感じさせる役割があります。脂肪や炭水化物を食べる時よりも、多くのカロリーを消化することさえできます。

効果を得る方法:オメガ3が豊富な食品をたくさん食べる機会がない場合は、イワシ、サーモン、ハリバット、クルミ、亜麻の種子、緑色葉野菜を取り入れてみてください。簡単に摂れない場合は、魚油や亜麻仁油で補うことができます。

LEAVE A REPLY